○○さんだーおめが


【Vita】ダントラ2-2始めました 2017-04-21(金)09:31
 あくしず戦姫は序盤のガチャ運が悪くて☆6↑への進化もしんどそうなのでパス。
 逆にガチャ運良くてUR3体引けてるおかげでイベントも楽な天樹下のリベリオンガールとかやってますが、レアリティ差が激しくて序盤のガチャ運で明暗が分かれ過ぎたりするバランスに不安を抱かざるを得ない(-_-;
 なおシステムが面倒臭そうな上にメモリ食い過ぎて32bitお断りな天歌統一ぷろじぇくとはOBT時点で撤退しますた( ゜Д゜)y─┛~~
 ドラゴンナイト5やガールズクロスクロニクルも期待はしてないし、今目を付けてるのは星のガールズオデッセイですかね。



・[PSV]ダンジョントラベラーズ2-2 闇堕ちの乙女とはじまりの書(AQUAPLUS)
 魔神に万全の態勢で挑んだつもりが返り討ちに合い、魔物に憑りつかれて闇堕ちした仲間を集結して魔神にリベンジという、正にダントラ3ではなく2の続編。
 見た目も精神性もガキになってて下心なしの純粋な好奇心によるおさわりなのでセフセフ(^_^;)?

 とりあえず3つ目のダンジョンである風の塔まで進みましたが、いつでもセーブはできるものの、運が悪いのっけからとHPの低いジーナがあっさりやられかねなかったりで、地道なレベル上げも必要な難易度は相変わらず。
 主な新要素は招喚マモノと傭兵バディというAI行動のサポーターキャラが増えたくらいのようで、時々サボったりはするもののやられることがないので、メインメンバーは守りに徹する持久戦もある程度は有効そう。

 最近はブラゲとかやっててCSゲーの進みが悪いですが、7/29にDQ11、8/31にはセカダン2も控えていますし、DQ11までにメインシナリオは終わらせたいところです。
【FEH】イースターガチャ回してみた 2017-03-30(木)20:45
 突然のチハたん終了予告に戸惑いつつも、おあつらえ向きに始まってて移行先にいいかと思いきや速攻で無期限緊急メンテ突入なあくしず戦姫ェ・・・



 FEHは結局☆5PTカンストさせたらメンバーの吟味か限凸か継承しか伸びしろがなく、偏った編成のせいで闘技場中級も勝ち辛くなっててダレ気味ながらも、追加・更新されるステージやクエストでそこそこオーブは手に入るのでまったり継続中。
 しかしイマイチ欲しいと思えるキャラのガチャが来ないため、今日の時点でオーブは200個。そして来たのがイロモノっぽい超英雄のイースターガチャ。
 超英雄は4人共攻撃後自己回復する武器を持っている他、ルキナ以外は育成支援系のスキルを持っているようで、飛行+遠距離のカミラが使い易そうなものの、飛び抜けて強いキャラはいなさそう。
 とはいえ属性が青と緑のみのピックアップだし、折角なのでルキナとカミラは取っておこうかと思い溜め込んだオーブを投入したところ、カミラは比較的早く引けたものの、ルキナが出たのはクロムとマークスも引いた後。
 オーブを150個以上消費してピックアップ外の☆5もなしでしたが、結果的に4人共1体ずつ引けたのでこれはこれで満足。
 ちなみに引けた4人の初期ステはこんなの(ステはHP/攻撃/速さ/守備/魔防)。

【青/魔/歩行】超英雄ルキナ(春色の聖王女)
15/19/10/5/6(攻撃+/HP-)

【緑/魔/飛行】超英雄カミラ(春色の暗夜王女)
16/20/6/9/4(守備+/HP-)

【緑/斧/歩行】超英雄クロム(春色の聖王)
19/23/8/5/5(攻撃+/守備-)

【青/槍/騎馬】超英雄マークス(春色の暗夜王子)
18/19/6/8/8(魔防+/守備-)

 速さ-こそなかったものの、速さ+はいない上に元々微妙なマークスが更に器用貧乏化してて切ない…
 ともあれ不足していた青と緑の遠距離が手に入ったので、闘技場はともかく高難度のイベントステージ攻略は楽になりそう。
 メインPTはルキナ、超英雄ルキナ、カミラ、超英雄カミラで固めるか、通常カミラを無属性キャラにして属性を分散させるとかですかね。
 カミラ(とマークス)で結晶集めも楽になりますし、またしばらくは欲しいキャラのガチャが来るまでオーブ溜めつつまったり育成ですな。
【FEH】主力カンスト【PT晒し】 2017-02-26(日)15:55
 メインの☆5キャラ4人がようやくLv40に到達。

[剣]ルキナ(得意:速さ/苦手:攻撃)
 嬉しいことに速度型なウチのエース。
 ただし天空のおかげで大概の相手には攻撃が通るとはいえ、攻撃が苦手で防御特化槍アーマーには歯が立たない事もあるので過信は禁物。

[斧]カミラ(得意:攻撃/苦手:守備)
 現状PT唯一の赤以外&飛行ユニットなため、カミラでどれだけ敵の青ユニットを潰せるかに勝敗が左右される攻撃の要。
 狙った相手を確実に倒すのが役目なのと、2回攻撃は強力なものの攻撃力自体は高くないため、攻撃型だったのは僥倖。

[剣]エイリーク(得意:攻撃/苦手:魔防)
 攻撃型なのは無難なものの特に特効があるわけでもなく、本来一発くらいなら魔導士を釣る囮にできなくもない程度はある魔防が苦手なため、ステータスは没個性化してしまった感があり、ルキナに次ぐ速さで追撃を避けつつ引き込みを狙うくらいしかできない地味キャラに。スキル継承で特化すればマシになるか。
 ユリア目当てで回してダブった方の初期値が17/23/10/7/6で、どうやら速さ+/HP-なようなので、育て直してから重ねて入れ替え予定。

[剣]ロイ(得意:守備/苦手:速さ)
 あまり高いとは言えない守備が得意で速さが苦手なため、壁にできるわけでもなく守備封じの使いどころも限られてしまい、相性激化を使う必要もあまりないPTなため、エイリーク以上に地味。男キャラなこともあり入れ替え候補筆頭。
 一応エイリークで速度バフはできるし、速さの低いアーマー系などには守備封じを仕掛け易いので、ロイで守備を下げつつ残りのキャラで止めをさすのが必勝パターン。入れ替えの際には守備封じをエイリークやルキナに継承してしまってもいいかも。

 基本的にif同様キャラ入手時に成長内容が決まっていてレベルアップ吟味は不可とのことで、クラスチェンジによるリセットもできないから成長運が悪いと詰むんじゃないかと心配でしたが、さすがにそんなことはなくてキャラごとのステータスは個体値(得意/苦手能力)がランダムなだけでカンストステは固定だったようで。
 にしても属性が赤に偏っているせいもあって、Lv35辺りからストーリー攻略もペースが落ちて修練の塔に通ってましたが、戦闘に勝っても生き残ったキャラ以外は獲得経験値がなかったことになるのは面倒ですな。

 強めの☆5が4人割とあっさり揃ったのはいいものの、とにかく赤に偏りすぎなので、☆4のカチュアかカムイ辺りが覚醒候補。
 とはいえアップデートでスキル継承が実装予定で育成の沼はさらに深くなりますし、ストーリーをほぼ終わらせてしまってオーブが稼ぎづらくなってきたため、ログボ目当てでまったり続ける程度になりそう。
ガルシンはいいぞ 2017-02-17(金)20:03
 意外とWikiでこのコメがない件。

・[PC]ガールズシンフォニー〜少女交響詩〜
 というわけでお花運営の新作がリリースされたのでとりあえずやってます。
 立ち絵のLive2D対応とかで流石にもうFlashはないかと思いましたが今作もFlashで、待望のスマホ版もリリース予定。
 初回起動は若干重いものの戦闘なんかはむしろお花より軽いくらいですし、最近出ては消えてるUnity製の重いタイトルよりは要求スペックは低そうですが、色んな意味でお花よりハードなので好き嫌いは出易そう。

 ゲーム的にはお花よりキャラ(特に属性)の使い分けが重要になってる感じですが、とりあえず主力メンバーを決めたら、属性ごとに弱点属性のキャラを次点の有利属性キャラに入れ替えた4部隊を作っておけば、あとはレベル上げで何とかなると思われます。
 編成の注意点としては、クレリックは極力同列に複数並べて互いに回復し合えるようにすべきなのと、中衛でも攻撃可能で一見便利なエンチャンターはステータスが低めな上に前列をバフれないので、単独運用できるような高レアか、前列をバフ要らずな強キャラ、後列をバフとかにしないと器用貧乏になりがちで思ったより使い勝手は良くないといったところ。
 とりあえずソルジャーがステータスのバランスも良くてスキルの発動ターンも短くておススメ。回復力のないファイターとソーサラーをどう生かすかがポイントになりそう。
 それから重ねてスキルレベルを上げればスキルの発動ターンが短くなるから、低レアキャラも何とか使えるんじゃないかと思われましたが、いかんせん基本ステータスが低すぎるのと、お花のアンプルゥ的な底上げ要素も今のところないので、銀はともかく銅を使い続けるには愛が必要そう。

 例によって既に異様なペースで育ててる人もいるみたいですが、お花同様ランキングゲーではないしイベントも初級周回だけで報酬は回収可能な緩さで、レベル上げも各種素材類を集めている内に上がるのに任せて、各ステージも「勲章3のために育成する」ではなく、当面は「十分キャラが育ったら勲章3を取る」というくらいでいい気はします。



・[スマホ]ファイアーエムブレムヒーローズ
 色々気にはなったものの、リセマラ推奨みたいで、レア引けたらやってもいいか、というつもりで始めてみたらいきなり☆5ルキナを引けたので軽くプレイ中。
 その後も悪くない引きで、☆5ロイ、☆5カミラ、☆4リリーナを主力にLv25↑まで上がり、赤色に偏り気味なものの闘技場も中級なら安定して勝てる感じに。
 とはいえ無課金プレイなので完凸☆5とか作れそうにありませんし、主力をカンストさせて終わるか別ゲーの合間にやるスマホゲーとしてまったりプレイの予定。
あけおめ 2017-01-01(日)20:25
 ことよろ。

 最近ダラダラ過ごし過ぎなので何とかしたい。
【3DS】水晶竜撃破【世界樹V】 2016-10-25(火)20:59
 ギルド長の「死ぬなよ」が「死ぬがよい」に聞こえて仕方ない今日この頃。

 今回はかなりまったりペースというか、20Fまで行ってから封印扉の鍵の先を探索し始めた辺りでペースが落ちてて、ようやく四層ボスの水晶竜を倒したところっていう。
 戦闘前の水晶弾パズルは「斜めから近寄って側面の近距離に打ち込ませる→反対側に回って遠距離に打ち込ませてワープ」で背後を取る、というのはすぐに分かりましたが、アナライズが効かないようで各形態の弱点が分からず手こずることに。
 結局クリアブレスは耐性上げても防げないらしいのと石化は効くというのが分かったところで、フェンサーメインの属性チェイスPTを止めて、ここまであまり本格運用していなかった四天マスラオの三途渡しで石化中にボコる戦法を使ってある程度削ったら、蘇生手段が複数あったおかげでグダグダになりつつも辛勝できたという感じ。

 石化三途渡しはマスラオに属性を付与すれば石化の物理耐性も無視できますし、安全に三途渡しを活用できるパターンとしてFOEなどにも有効そう。
 使いどころが難しそうだった召霊ネクロマンサーの石塔絞りなんかも「石塔絞り→(死霊転生で死霊復活→)死霊乱舞で三途渡し着火」みたいな使い方ができそうですし、休養させて振り直してもいいかも。
 フェンサーチームは回復がハウンドとシャーマン頼みでボス戦が厳しいですし、リーパーの回復も役立つようになってきたので、やっぱりシャーマンとハーバリストは入れ替えた方が使い易い気もしてきました。
ZenFone3買ってみた 2016-09-24(土)22:12
 trimバグとやらのせいか大分前から激重になっていたMEDIAS Wを遂に買い換え。しかも国内版発表前のZenFone3です。
 Zonfone2では国内版で対応通信バンドが拡張されていたみたいですが、Zonfone3は最初から一通りのバンドに対応済みで、いち早く入手した人のレビューを見ても特に問題はなさそうだったので、国内版もハード的に差はなくて技適もアップデートで対応されることに期待しつつの購入です(^^;

 自分はスマホでソシャゲやるとしても通信料と速度が気になってWi-Fi環境でしかやる気がせず、自宅で遊ぶならPCのブラゲでいいという感じで、電話とかの利用頻度も低いので、ついでに格安SIMに乗り換えです。
 最初は端末も一緒に契約しようと思っていたのですが、ZenFone3のスペックを見た後ではarrows M03やHUAWEI P9 liteで妥協する気になれず、BIGLOBEの30周年キャンペーンが今月一杯だったので、SIM契約の都合で国内版を待たずに買ってしまったのでした。
 本体取り寄せ→初期不良が無いのを確認しつつSIM契約→SIM差し替えという感じなので、本体の入手自体は一週間ほど前だったりします。

・[家電]ZenFone 3 ZE520KL(ASUS)
 メモリ4GB、ストレージ64GBの上位版もありますが、自分が購入したのは3GB/32GBのブラック。
 とりあえずの感想としては兎にも角にも指紋認証が超便利。
 指紋は複数登録可能で、100%になるまでグリグリ押さえ付けて登録という感じで精度も高く、電源を入れてからワンタッチでホーム画面になる快適さに慣れると、もう以前に端末には戻れそうにありませんw

 詳細なレビュー等は既に探せば色々出てきますし、3年前の端末とではスペックも比較にならないので、MVNOへの乗り換えでまだカスタマイズ中なので特に言うほどのことはないのですが、使い始める以前の基本的な注意点として以下の2点を挙げておきます。

・背面カバー推奨
 以前使っていたAQUOS PHONE SH-12Cなんかと同じようにカメラのレンズが出っ張っているので、カバーを付けると寝かせた時にグラグラしませんし、レンズ周りの保護にもなります。

・ガラスフィルムに注意
 この端末はラウンドエッジ加工で前後共に淵が曲面になっていますが、曲面はベゼル部分だけでなく画面領域にまで及んでいるようで、こちらのレビューの写真などの通り、ラウンドエッジ対応で前面パネルより一回り小さくしてあっても、ガラスフィルムではまず間違いなく端が浮くと思われます。
 Amazonで一見評価の高いガラスフィルムも、大概カバーや他機種向けの製品と同シリーズの製品として販売されており、高評価は基本的に他の製品のことで、ZE520KL用ガラスフィルム単体のレビューは概ね酷評のようなので注意。

 ちなみに自分はVita等でもおなじみなミヤビックスのフィルムを購入していてこんな感じ。(背面カバーは上のレビューと同じTPU素材の薄型クリアケース)
 板状のガラスフィルムでなく従来の軟らかいシートで、薄くて浮きもありませんが、OverLay Brilliantシリーズは貼る難易度が高めなことでもお馴染みな製品で、フィルム張りに慣れていない人にはオススメしません(というか自分も失敗して買い直してます(^^;)。
 このタイプのシートでもラウンドエッジのパネル全面をカバーできるわけではなく、横幅は画面ギリギリで余裕がないので、上下よりも左右にズレないことが重要かと。
 あとはこの手のフィルム貼りの基本ですが、最初にパネルの上に置いて入念に位置を確認するなどして、貼り始めてからモタモタしないようにすることですかね。
 多少の気泡は後から押し出せば割と何とかなるので、とにかくホコリが入らないようにすることが肝心です。

 他に紹介するほど選択肢もないのが現状ですが、国内版が出ればフィルムの選択肢も増えるでしょうし、端末専用でなく5.2インチの汎用フィルムを試したり、今どきのパネルの強度を信頼して、フロントカバー付きのケースとかにして保護フィルムは使わないという選択肢もアリだと思います。
 というか上部のカメラ回りをカバーしない、画面(とホームキー周り)だけの汎用フィルムとかもっとあってもよさそうなものなのに、何でいちいち端末専用品を出すんでしょうかね…?
副団長はヒガンバナ 2016-08-26(金)20:58
 世界樹5は現在Lv40で三層ボスのアンデッドキングに挑戦中。
 軽く様子見した感じだと、前衛骸骨の墓穴カウンターがやっかいですし、ゲストのリリが炎爆弾するだけになりそうですが、基本的には属性攻撃主体のメインPTの方が良さそうな感じ?
 あとは後衛アーチャーは瞬殺して毒爆弾を阻止してしまえば何とかなりそうですが、本体のアンデッドキングが結構固いので、レベル上げるか回復アイテム用意した方がいいかも。


・[PS4]初音ミク -Project DIVA- X HD(セガゲームス)
 やろうと思ったらVitaでクロスセーブしてなかった罠。
 FT(AC)も高画質ではあるんですが、モデルの質感がまんまフィギュアっぽい感じなのが気になりますし、やっぱりこっちの方が好み。
 Fも1080pでしたけど30fpsでしたし、演出とかもVita版より強化されてるのが分かる程度には違うんで、F以前の既存曲のPVもこのクオリティにリメイクされたのを見たくなりますな。
 VRも気にはなりますが、VRユニットとか新型PS4買ってまで試す気はないですし、コンプ目指してまったりプレイすることにします。


・[PC]ハナヒメ*アブソリュート!(mirai)
 数年前にぱじゃま系列のLillianからみなとそふと系列に移籍したかんなぎれい作品がようやくリリース。
 気にはなってたものの最近エロゲ自体買わなくなってて迷ってたんですが、まさかのお花コラボに後押しされて久々に購入w
 半年ほど前に何となく始めたお花がこんなところで絡んでくるとは(^^;
 まあこっちはお布施みたいなもので、本命はお花の方の書き下ろしキャラなんですが、コラボガチャで巫女用に貯めた石を使い切らずに済むことを祈るのみ……
 こっちはバトルシステムも旧作同様で、ストーリーもいつものドタバタ劇って感じでしょうから、息抜きで気楽にやるとしますかね。
【3DS】達人PT組んでみた【世界樹V】 2016-08-19(金)19:25
・[3DS]世界樹の迷宮V 長き神話の果て(アトラス)
 ようやく2層ボスを撃破して達人スキル開放と思ったものの、鷹ハウンドのミリオンショットが次ターン開始時発動で、そもそもチェインスキルが多段系に1回しか反応しないため着火役には使い辛いなどの問題点が浮かんだため、例によって休養しつつ再構成。
 以下各職の達人スキルを一通り見て選んだ二つ名と雑感がこんな感じ。


○フェンサー:迅雷の剣士
 シルフスクリーンでそのターンの攻撃回数が多いほど防御も安定するため、チェイン時の守りをあまり気にせず攻撃に集中できるので安心。
 しかもチェインの次ターンは前ターンの攻撃回数依存ダメージのレゾナンスで単独攻撃できるため、味方もチェインにかかりきりにならずに済むのも嬉しいポイント。
 逆に言うと、チェインを使うならこの辺が十分に活用できるくらい着火できないと旨味が無いということでもあり、今作のチェインは一部の多段スキル持ちが一人いれば消化できるというタイプではないので、PT構成の吟味は必須な上、レゾナンスまで含めた完成には時間もかかるのが難点。
 一応範囲バステとの連携でチェインオール→チェインキラーなら、元々ヒット数が稼ぎ辛いチェインキラーと低Lvチェインオールを有効活用できて威力もそれなりなので、レゾナンス取得までの繋ぎとして使えそう。
 幻影は、どこぞの忍者を彷彿とさせる全裸回避パッシブや味方全体の回避を上げるスキルもあり、あまりお膳立ても必要ないため思ったより使い易そうですし、チェイン着火がうまくいかないならこちらにする方が無難かも。
 但し、乱れ突きやチェインオールがある迅雷と違って範囲攻撃がないので、対複数の攻撃手段がシルフィードでの反撃頼みになるという点に注意。
 回避を強化すればシルフィードの発動率も上がるので、そこまでデメリットでもなさそうですが、うかつに手を出さない方がいい敵がいた場合、制御の利かないパッシブ反撃メインなのは悩みどころかも。

○ドラグーン:砲火の竜騎兵
 バンカー&トーチカを囮にしてPT全体の生存力を上げるという、いつもの盾職にない戦法を生かすならやはり砲撃主体かと。
 とはいえ最終的にアタッカーと言える火力になりそうなバスターは消費も重いですし、とりあえずはラピッドかヒュプノを取ってガード系を上げることになると思いますが。
 金剛は、三色ガードどころか属性防御系の追加が無くマテリアルガード頼みで、無効化系も竜圧で他列を低確率で守るだけと、どちらかというとペットに近い対物理メインの肉壁な感じだと思われます。

○セスタス:連撃の拳闘家
 クリンチ→インターバル→リードブロー→ラッシュアウトはロマン。
 とりあえずリードブローまで取って、ワンツー→数か所封じたりバステが乗ったらリードブローという戦法が使い易そう。あとザコ戦で鬼人拳→ラッシュアウトの3HITコンボが地味に便利。
 但し「付着率低→リードブローが使い辛いもののワンツーやダブルパンチは発動し易いので気軽にラッシュアウトできる」「付着率高→ワンツーやダブルパンチが生かせない(リードブロー以外からのラッシュアウトが使い辛くなる)」なので、封じ特化か打撃特化かに絞ることに。
 とはいえスキルのLvを上げれば付着率も上がるので、最終的には累積耐性で付着しづらくなったら打撃型の戦法に切り替えるとかになるんだと思いますが。
 衝撃は、PT全体が低HPなほど威力が上がるなど、羅刹無双モノノフやハイランダーを更にピーキーにしたロマン職に見えるものの、運用し辛さの割にパッとしない印象。鬼人拳以外にも範囲攻撃が使えるようになるといった点からもザコ戦向きっぽい。

○リーパー:死を遠ざける死神
 他のメンツが攻撃寄りということもあり、確実性の高い弱体特化で継戦能力を高められ、瞬間火力や回復も備えたこちらに決定。できることが多いので器用貧乏にならないよう注意。
 振り撒く死神は、瘴気を維持しつつ状態異常を入れ続けて黒き刃で火力を底上げするのが前提で、お膳立てしないと火力が伸びない上に爆発力のあるタイプではなく、弱くはないもののザコ戦向けな印象。

○ウォーロック:六属を操る導師
 三色の方も属性魔法のスペシャリストとして扱い易そうですが、純アタッカーで単なる砲台と化しそうなので、状態異常なども使えるこちらに決定。
 多段術式はチェイン着火には使えない(1回しか追撃しない)ようですが、三色と突のどれでも着火できるのでフェンサーと相性がいいことに変わりはないですし、追加効果も複数回判定されるなどダメージ外の恩恵もあるので多段術式が腐る心配もないかと。
 それからリザーブマジックによる複合化で、魔法属性全てに強い相手でも、準備ターンに物理属性、次ターンにチェイン用属性を使うことで、ウォーロックの火力を下げずにチェイン着火したり、逆に毎ターンチェインしつつアーススパイク以外の追加効果も混ぜたりできるのがかなり便利だったり。

○ネクロマンサー:召霊のネクロマンサー
 死霊自体を主戦力にできる強化スキルの他、回復やバステ、属性攻撃の幅も増えてベーシックを全体的に強化した感じになるため、扱い易いもののリーパー同様器用貧乏化には注意。ネクロマンサー2人(+ドラグーン)なら墓穴乱舞といった戦法も。
 破霊は、F.O.E.ゾンビ交換(F.O.E.へのゾンビパウダーで作ったHP9999の死霊による等価交換=9999ダメージ)という今作最凶のバランスブレイカー(と言っても手間をかけて一戦闘3万ダメがほぼ安定するだけなのでクリア後ボスにはそれほどでもないか)はさておくと、目玉がいざという時にザコを一掃する緊急回避的な死霊大爆発くらいしかなく、死霊補充系のパッシブが揃って供給が安定するまで使い辛そうなのでパス。

○ハウンド:犬狼を導く射手
 最初に書いた通り、今作のミリオンは一発の威力こそ上がったらしいものの、元々ヒット数ランダム低命中で不安定なのに、一体当たりのヒット数制限や次ターン発動までついて扱い辛さの目立つ性能に。
 そもそも鷹は勝手に攻撃するというデメリットもあるため、頭封じはできなくなるものの、傷舐めが基本行動の犬だけ使い、バンカー&トーチカや死霊に枠を譲るのもSP効率を含めて有効かと。
 犬だけでもベーシックのハンターショット&ターゲットアローが優秀ですし、ドロップショット&スタンショットは後半になるほど地味に強力なはず。

○マスラオ:四天一流の武人
 どうにかして味方への被害を無効化してしまえば、ショーグンの一騎当千以上に凶悪な無差別追撃は、チェイン着火まではできないものの今作の華。
 一刀の方も封じや強力なカウンター技、低命中高火力技などを備え、構え不要のブシドー的な安定した強さはあるものの、やはり四刀がロマン。
 とはいえ、三途は一気にLv9にはしないと味方への被害が大きく、Lv10では消費が重過ぎて取得直後では使い辛いですし、他のメンバーもフォロー用のスキルで手一杯な特化PTになってしまいそうなので、慣れる意味でもひとまず二、三刀にして四神や八重の華メインで運用するか、休養前提で一刀にしておくのが無難そう。

○シャーマン:天譴を下す巫子
 連発はできないものの属性付与からの火力や耐性が強化され、TP支援も可能になるなど継戦能力も増した、状況によって支援の仕方を変えられるテクニカルな職。今作における三色ガードである神託:後光が使えるのもポイント。
 天寵は、新2バードを彷彿とさせる強力なバフの他、福音に加えて慰霊&慈愛で回復役も務まりそうですが、一つ極めればひとまずは十分というタイプではないため、頼れるほどになるには時間がかかりそうで、攻撃スキルがベーシックの乱舞だけなのも難点。

○ハーバリスト:慈悲深き薬草師
 四刀マスラオを保護でなく回復力で支援するのと、ベーシックでは全体回復や封じの回復ができず、メイン回復というには頼りない点を補うための選択。
 毒殺の方は使えるバステが増えて燃費や付着率も上がるものの、弱体は変わらず直接攻撃手段にスモークボムが増える程度のバステ特化。
 遠ざけリーパー支援であれば弱体でよく、敵のバステ耐性低下を持つのもリーパーで、あくまで自身でバステを仕掛ける職なため、条件ドロップに追加のバステが必要など、明確な目的がないならイマイチ地味。


 そんな感じでPTバランスよりも使って面白そうな方優先で二つ名を選んで再編成した、職被りなし&種族均等分配縛りの2PTがこちら。
 ミリオンでのチェイン着火は諦めたものの、ザコ戦で気軽に着火できるハウンドは据え置いて、主に四天マスラオの維持と六属ウォーロックの補助目的でハーバリストとシャーマンを入れ替えた感じ。

[前]フェンサー(迅雷の剣士)
[前]ドラグーン(砲火の竜騎兵)
[後]ハウンド(犬狼を導く射手)
[後]ウォーロック(六属を操る導師)
[後]シャーマン(天譴を下す巫子)
 六属ウォーロックの火力とTPをシャーマンで補いつつ、属性を付与したドラグーンも交えてチェイン着火する火力特化PT。
 ウォーロックとシャーマンの属性全体攻撃とハウンドの足甲貫き辺りで、チェインオールも狙えなくはありません。
 回復スキルがハウンドとシャーマンくらいしかないのが難点で、種族の偏りも考慮するとドラグーンとリーパー辺りを入れ替えるのが良さそうですが、召喚枠的にちょっと悩ましかったりします。
 元通りシャーマンとハーバリストを入れ替えればこちらは無難になりますが、それだと流石にマスラオの運用が大変そうですし、こっちの火力もマイルドになってしまうんですよな。
 種族の偏りを無視するならドラグーンとネクロマンサーを入れ替えて、ハウンドをアースランから転職したキャラにして前衛に置くなりすれば、炎爆弾&氷爆弾でチェインオールも補強できるんですが。

[前]リーパー(死を遠ざける死神)
[前]セスタス(連撃の拳闘家)
[前]マスラオ(四天一流の武人)
[後]ネクロマンサー(召霊のネクロマンサー)
[後]ハーバリスト(慈悲深き薬草師)
 多刀マスラオの紙防御を普通にドラグーンで庇っても面白くないので、バステ・弱体・封じによる被害の減少やネクロマンサーの死霊と、ハーバリストの回復力で補ってみるテスト。
 ハーバリストに加えて延命型のリーパーとネクロマンサーもいるため、スキルLvが上がれば脆くはあってもかなりしぶとくなるはずですが、ゾンビアタックはあくまで最後の手段にしたいですw
NASバテ 2016-08-18(木)21:14
 先日一息付こうと台所へ向かおうとしたところ、リビングで何やら耳慣れぬ警告音が。
 何事かと思いつつ発生源を辿ると、NAS(LANDISK HDL2-A4.0(I-O DATA))のHDD2が赤ランプ点灯('A`;

 RAID1の片割れがお亡くなりになっただけですし、初めてのことでもなかったので、慌てず騒がずひとまずはNASをシャットダウン。
 丁度DiskStation DS216j(Synology)辺りに目を付けていたりもするんですが、前回と違って特別今のNASに性能的な不満があるわけでもないので、交換用のHDDを調達しようと思ったものの、メーカーから純製品を取り寄せると1台で本体分の値段になってしまうのでパス。
 そこでとりあえず異常ったHDDを引っこ抜いて型番を見てみたところ、中身はSeagate製のST2000DL001(2TB/5900rpm/64MB)というもの。
 これが調べてみたら既に新品の入手は難しい状況な上、根本的に問題のあるモデルだったことが判明。
 しかも主流の5400rpmではなく5900rpmなせいで他のメーカーに同等の製品は見当たらず、結局たどり着いたのがこちら。

・[PC]Seagate シーゲイト 内蔵ハードディスク NAS 2TB (3.5インチ / SATA 6Gb/s / 5900rpm / 64MB / 3年保証 ) 正規輸入品 ST2000VN000
 SATAが上位規格の6Gb/sになっていますが、その他のスペックは据え置きなNAS向けHDDということで後継品と思しき製品です。
 早速入れ替えてみましたが、再構築が終わってもとりあえずは問題なさそうで一安心。
 にしても交換する頃に同型のHDDが入手困難では交換が容易なキットの意味もないですし、HDDが2台同時にお亡くなりになるのは不自然なことでもないので、やっぱり少なくとも独立したUSBHDDでのバックアップもしておいた方が安心ですかねぇ。

Copyright(C) ○○さんだーおめが since 2003/07/07 All Rights Reserved.